ブルトハウプ  キッチン / ドイツ
bulthaup(ブルトハウプ) メイン画像

 

bulthaup-logo

 
1949年創業のドイツのキッチンメーカー、bulthaup(ブルトハウプ)のショールーム。世界50か国以上で販売され、クラフツマンシップと人間工学に裏付けされた優れた機能性とデザインで注目を集める。蝶番金具に至るまで全製品を自社で開発・製造する唯一のキッチンメーカー。
 
bulthaup 紹介動画
bulthaup紹介動画
 

ブルトハウプ単独WEBサイト
www.tokyo.bulthaup.com

 

 
▶︎ ショールームスタッフ募集

ブルトハウプ単独WEBサイトはこちらです

 
bulthaup(ブルトハウプ)について
 
bulthaup(ブルトハウプ)社は、1949年Martin Bulthaup(マーティン・ブルトハウプ)が設立した家具工房からスタートしました。1970年代に、デザイナーOtl Aicher(オトル・アイヒャー)によりバウハウスの理念をベースにした機能的でシンプルなフォルムのキッチンで注目され、その後も動線を有効に考えたアイランド型キッチンの先駆けとなったbulthaup社のキッチンを発表するなど業界を牽引してきました。現在では世界50か国以上で販売され、クラフツマンシップと人間工学に裏づけられた優れた機能性を基盤としたデザインで業界トップを走り続けています。機能性へのこだわりは、蝶番金具に至る全ての製品を自社で開発する唯一のキッチンメーカーとしての姿勢からも伝わります。
 
 
 
 
シリーズ:b3について
 
bulthaup(ブルトハウプ)「b3」シリーズの最大の特徴は、「マルチファンクションウォール」です。「マルチファンクションウォール」とは、キャビネットやビルトイン機器等を壁にかけて床から浮かせて設置ができるbulthaup(ブルトハウプ)独自の技術により開発されたウォールシステムです。このシステムを使用することにより、スペースを有効活用できるだけでなく、既定のデザインに制限されることなく自由に空間づくりを楽しむことができます。
 
bulthaup(ブルトハウプ) b3シリーズ
bulthaup(ブルトハウプ) b3シリーズ
 
 
 
 
シリーズ:b2について
 
bulthaup(ブルトハウプ)「b2」シリーズは、ブランド創始者であるMr. Bulthaup氏が世界中のレストランを食べ歩き研究していた時に職人であるシェフの仕事ぶりから着想しデザインされたbulthaup(ブルトハウプ)ブランドのコンセプトキッチンです。シンク、コンロ、調理台を持つワークベンチと、機器と調理器具をそれぞれ収納する2つのツールキャビネットの組み合わせは、料理を作る人の作業効率を徹底的に考え抜いた機能とデザインだからこそです。
 
bulthaup(ブルトハウプ) b2シリーズ
bulthaup(ブルトハウプ) b2シリーズ
 
 
 
 
シリーズ:b1について
 
bulthaup(ブルトハウプ)「b1」シリーズは、人間工学に基づいた機能と無駄を省いたシンプルなデザインが特徴で、必要最低限のベーシックな要素だけで構成された究極のミニマルキッチンです。機能性とデザインの美しさが調和され、バランスの取れたb1シリーズは、bulthaup(ブルトハウプ)の中でもっとも価格が抑えられたキッチンです。
 
bulthaup(ブルトハウプ) b1シリーズ
bulthaup(ブルトハウプ) b1シリーズ
 
 
 
 
アクセサリーについて
 
bulthaup(ブルトハウプ) アクセサリーについて
 
 
 
 
ショールームについて
 
bulthaup(ブルトハウプ)キッチンのショールームが南青山にございますので是非いらしてください。じっくりとご覧いただけますようショールームは完全予約制となっておりますので、お手数ですがお越しの際には事前にご連絡をお願いいたします。
 
詳しくはこちら